すそわきがの臭いの特徴と原因と対策方法

わきがを気にする人はたくさんいます。テレビのCMなどでもいろいろな対策商品が紹介されていることからもその認知度は予想できますね。

「すそわきが」はどうでしょう。この言葉さえ聞いたことがない人も少なくないはず。でも、意外と悩みは深いのです。相談できずに悩む人もいれば、すそわきがとは思わず臭いだけを気にしている人もいることでしょう。

まずは、すそわきがを知ることから始めましょう。

すそわきがってなに?

「わきが」と「すそわきが」は、ともに「わきが」と言うだけあって独特の臭いがする症状です。正式には、「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言うのだそうです。

この臭いは、アポクリン汗腺という汗腺から分泌されています。人のもつ汗腺は2種類あって、ひとつがエクリン汗腺、もうひとつがアポクリン汗腺です。

エクリン腺は、ほぼ全身の肌にある汗腺で、いわゆる「汗をかいた」と言った時の汗がでてくる腺のことです。この汗は、ほとんどが水からできているので、臭いの強さはさほどきになりません。若干、汗臭さはありますけど。

問題は、もうひとつの汗腺、アポクリン汗腺です。アポクリン汗腺は、脇の下や耳、乳輪や陰部にある汗腺です。ここから出てくる汗には、水のほかに臭いの原因となっているタンパク質、脂質、アンモニアなどが含まれています。これが、皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり、皮膚上の菌が分解するとあの独特の臭いが発生します。

「すそわきが」は、陰部にあるアポクリン汗腺から出てくる汗の臭いのことです。つまり、場所の違いだけであって、臭いの原因は、「わきが」となんら変わりありません。

「わきが」と「すそわきが」って臭いが違う気がする

同じ臭いの原因だといったものの、いやいやなんか違う気がするよという声が聞こえてきそうなので、ここで、臭いについて説明しましょう。

すそわきがの臭いを表現すると、ネギの臭い、お酢みたい、納豆臭いなど、人によって感じ方はそれぞれです。変わり種としては、鉛筆の芯のような臭いといったマニアックな表現をする人もいます。

臭いは人によっても異なっています。人によっては、脇の下と陰部では臭いが違うこともあるのです。

これは、「すそわきが」が陰部からの臭いということがその要因のようです。陰部はその場所の特徴から、蒸れたり臭いがこもったりすることが多く、そのため臭いが変わってきています。

特に女性の場合は、生理やおりものの臭いと混ざって独特の匂いになることがあります。

実はこの「すそわきが」、異性を惹きつけるフェロモンの役割をしていると言われています。そのためか、この臭いを「いい匂い」と言う人もいるわけですね。

臭いとは摩訶不思議なものです。

臭いのもとはいろいろ考えられる

「すそわきが」の臭いのもとは、汗そのものの臭いに加え、尿や経血、おりものなどの様々な臭いが混ざったことで、より一層強烈なにおいになってしまいます。

「すそわきが」+尿の臭いを考えてみると、尿のアルコール成分が臭いに混ざって、より一層強烈な臭いになります。

女性の生理中は、経血の匂いが混ざってきますし、おりものの臭いと混ざる場合もあります。
おりものと混ざるとチーズが腐ったような臭いがします。

では、どうすればこの臭いを消せるのでしょうか。

日本には、ウォシュレットという強い味方がいる

「すそわきが」の臭いを緩和させる簡単で便利な方法は、ウォシュレットの利用です。トイレの際にビデなどでこまめに洗い流せばよいのです。

海外からも買い物にくるほど日本の温水洗浄便座は、髙品質を誇っています。そして、その普及率も他国に類がないほどですね。今や、駅のトイレにも設置してあるほどです。

温水洗浄便座の最大シェアのウォシュレットは、製品名ですけど、総称的に使ってしまえば、ウォシュレット利用を意識すれば臭いの緩和が期待できるというわけです。

もちろんウォシュレットだけやればOKというものではありません。お風呂で体を洗う際には、恥垢や汚大陰唇、小陰唇の溝まで、しっかりと洗うようにします。ただし、デリケートな部分ですので洗いすぎには気をつけましょう。

また、強すぎる石鹸もNGです。洗浄力が強すぎると皮膚を守る常在菌まで洗い流してしまいます。常在菌は、臭いの原因である雑菌の繁殖を抑えてくれますので、常在菌を殺してしまうのは逆効果になる可能性が高いですね。

また、生理用のナプキンはこまめに取り換えることも大切です。

要するに、陰部を清潔に保つことが、いやな臭いを防ぐことにつながるのです。

まとめ

いやな臭いは、気持ちをブルーにしてしまいますね。ですがそのことを過剰に悩んだり落ちこんだりする必要はないですよ。ちょっとしたことを気にするだけで、臭いは改善されます。

日々の中でできることから始めてみましょう。

「すそわきが」って、「わきが」と同じだという事実。悩んでいた方にとって、この事実が、雲が晴れたような気分になってくれるといいのですが。