「なぜワキガは独特なニオイがするのか」

そんな疑問を抱いたことはありませんか?確かにワキガのにおいはたとえようのない何とも言えないにおいがします。

でもなぜニオイがするのでしょうか?このニオイには何か目的があるのでしょうか…?

ワキガって何の役割があるの?

ワキガのニオイというと、アポクリン腺からの汗が原因でしたよね。実はこのアポクリン腺、「ニオイを出すため」だけに存在しているのです。

そのため、基本的には何の役割を持っていません。完全に不要なものなのです。だからこそ手術で完全に取り除いてしまっても問題がないのですね。

しかしこのニオイを出すというのが非常に大切な役割だった時期もありました。はるか昔、まだ人間が人間に進化する前のこと。そのニオイは「異性を引き付ける」という目的があったのです。

別の記事でも紹介したように、本来生き物は自分と同じニオイの生き物を嫌う傾向があります。種の繁栄を考えた時に自分と同じニオイ、つまり自分と同じ遺伝子を残してばかりいると旧環境の変化に対応できなくなる可能性があったからですよね。

今でも欧米などでは自分のワキガのニオイと香水の香りを混ぜ合わせてフェロモン的な魅力を出すこともあるみたいです。

しかしそういった使い方は日本人には合いません。そのため、実質的にワキガは全く意味のないものになってしまっています。

食生活の改善でワキガを!なくそう

ちなみにワキガ体質というのは遺伝していくものなのですが(両親がワキガなら80%の確率、親のどちらかがワキガなら50%の確率で子どももワキガ体質になる)、中でも日本人はワキガ体質が残っている人が少ないみたいで、およそ10%もといわれています。

ちなみに欧米では白人の方で70%、黒人の方は100%がワキガ体質といわれているので、日本人のワキガ体質がいかに少ないかがわかりますね。

食生活の欧米化で日本人にもワキガ体質が増えた?

しかし最近は日本人のワキガ体質の特徴が強くなっているといわれています(多くなっているわけではなく)。おそらく食事の欧米化が関係しているのでしょう。

肉類のような脂質の多い食べ物は、皮脂腺やアポクリン腺の働きを活発にしてしまい、その分ワキガを強めてしまいます。

専門家曰く「アポクリン腺の数は変わらないが、1つ1つの大きさは確実に大きくなっている」とも。

ニオイの1番の原因となるのは脂肪分です。ワキガの場合、アポクリン腺から分泌された汗が皮脂腺から分泌される脂肪分と混ざりあい、それらがワキに常在する菌によって分解されるときに臭いを発生させます。

要するに体内に蓄積された脂肪分が多いほど、ニオイの原因になってしまうということです。

食生活を野菜中心のものに

それを解消していくためには、日本人が古来から続けていたような野菜や魚中心の食生活に変えていくことが効果的といわれています。

皮膚の新陳代謝を促し、抵抗力を高めて菌の繁殖を抑えるビタミンA、抗酸化作用があり、血中コレステロールを抑える効果のあるビタミンC、これまた抗酸化作用があり、過酸化脂質の増加を抑える効果のあるビタミンEなどなど。

これらを多く含む食材を取っていくことが望ましいでしょう。ビタミンAは緑黄色野菜、特にニンジンなどカロテンを多く含むもの。それ以外だとホウレンソウや小松菜などに含まれています。

ビタミンCも緑黄色野菜や果物類などに多く含まれています。ビタミンEはアーモンドや菜種油などなど。こちらは野菜と組み合わせて摂取するといい感じですね。

少量の肉はやっぱり必要

ただしいくら野菜中心の食生活といえど、肉を取らなければいいというわけではありません。ご存知の通りに国は動物性たんぱく質が豊富に含まれています。

植物性たんぱく質よりも豊富なアミノ酸を含み、私たちの体を構成するのに大きな役割を担っているのです。

本来私たちの体に必要なアミノ酸は20種類ほどあり、そのうち体の中で生成できないものを必須アミノ酸、体の中で作られるものを非必須アミノ酸といいます。

動物性たんぱく質には、この必須アミノ酸を豊富に含んでいるのはもちろんのこと、そのバランスも非常に良いのです。

もちろん大豆などに含まれる植物性たんぱく質にもアミノ酸が含まれているのですが、やはり含有率ではやや劣ってしまっています。

それでいて動物性たんぱく質は吸収率もよく、摂取した9割以上の栄養素が体内で利用されるとも。また体の疲労を取り除いてくれたり、免疫力が増加させる効果もあります。

植物性たんぱく質の吸収率は7~8割ほどといわれているので、いかに動物性たんぱく質が優れているかがわかりますね。

過度なダイエットなどで極度に動物性たんぱく質を減らしていると、免疫力が低下して体調を崩しやすくなってしまうのは、この辺りが関係しています。

きちんと栄養管理を行った食事をとっているのであれば、植物性たんぱく質だけでも十分にアミノ酸を摂取することができるのですが、十分な知識なしで過度な食事制限をすると思わぬ事態を引き起こすことも。

いくらワキガに悪いからといって、肉を完全に立って野菜ばかりの食生活を送るのは逆効果。大事なのはバランスということでしょう。

野菜中心の中に少しだけお肉も食べるというような、バランスの良い食生活を心がけていきたいですね