きになるすそわきがは、悩んでいるだけではどうにもなりません。とはいえ、デリケートゾーンのことだけに、そう簡単にいろいろと試すわけにも行きません。

また、人に相談しにくいことから、できるだけ自分だけでできる対策をいろいろと考えてしまします。

その一つが、脱毛、陰部の毛を剃ったり、脱毛してしまうことです。すそわきがの対策として有効と言われているのですが、実際はどうなのでしょう。

今回は、すそわきがと脱毛について、考えてみます。

すそわきが対策で脱毛や毛剃りは効果があるの?

すそわきがの対策として、女性器の毛を脱毛したり、剃ったりすると臭いが抑えられると言われていますが、それにはちゃんと理由があります。

わきを考えてみるとわかりやすいですね。わきがを気にする場合その多くが男性です。それは、男性がわき毛の処理をしない人が多いのに対し、女性は、ほとんどがわき毛の処理をしています。

わきがもすそわきがも同じアポクリン汗腺から出る汗がその原因ですので、同じ症状の改善が、すそわきがでも起きるはずですよね。

そもそも臭いのもとは、アポクリン汗腺から出る汗に雑菌が混ざることで、いやな臭いを増幅させています。この雑菌を極力減らすことで臭いの増幅は抑えられます。

そこで、その場所の毛をなくすということです。毛がないと菌が増殖されにくいですよね。これは脇でも女性器でも同じですから、すそわきがの対策として女性器の毛を剃ったり脱毛したりすることは有効と考えられます。

毛をそったり脱毛することではすそわきがは根絶しない

すそわきがに効果があると言われている陰部の毛そりや脱毛ですが、ここで誤解がないように言っておかなければならないのが、この方法では、すそわきがは根絶しないということです。

すそわきがの臭いが強くなる原因である雑菌を極力減らす方法の一つが毛をなくすことです。これによって、陰部の風通しがよくなりますので、蒸れにくく雑菌が増えにくくなります。

ですが、これはあくまでも臭いが強くなることを抑える一つの方法です。陰部を清潔にすることとなんら変わりがありません。

陰部と言うとてもデリケートな部分を傷つける可能性がある毛ぞりや脱毛は、自分で処理がなかなかできません。そうなると、専門の脱毛サロン等に通って脱毛するという高額な費用をかけて行うことになります。

すそわきがの対策として、毛を剃ったり、脱毛をしたりすることをおすすめしていない人は、このようにデリケートゾーンの対応というセンシティブなことを行うのに対し、実際の効果がそれに見合うものとは必ずしも言えないことにありそうですね。

脱毛する方法はいろいろあるけど、やっぱりプロにまかせたい

デリケートゾーンのむだ毛対策を自分でやる場合は、シェーバーなどで皮膚を傷つけないようにそーっと剃ります。毛抜きは決して使ってはいけません。肌が思っている以上に傷めてしまいます。

また、すそわきが対策という点で考えると、1センチほどに短くカットする方法も効果があります。

この場合の処理は、女性器の周辺すべてになりますので、自分で行うのはとても大変です。その時は、専門の脱毛サロンでの処理がおすすめです。

最近は、Vライン以外にIライン、Oラインといった陰部周りの処理を行うサロンメニューも増えています。海外では、一般的な処理が日本でも行われるようになってきたからです。

このメニューを利用することで、脱毛を安全に関単に行うことができます。実際の脱毛の方法は、サロンによって様々です。まんぞくできて肌の負担が少ないものを選ぶのが良いですね。

レーザー脱毛が有効だと言われる理由

脱毛サロンでの処理ですそわきがに効果が高いと言われているのが、レーザー脱毛です。

女性器の周りの蒸れや雑菌の繁殖を減らすという意味では、どの脱毛方法を使っても構わない中で、なぜレーザー脱毛が効果が高いと言われているのでしょうか。

実は、レーザー脱毛では、すそわきがの原因である汗がでてくるアポクリン汗腺を電気針で凝固させるため、レーザー脱毛で、すそわきがの元であるアポクリン汗腺に直接アプローチすることができるのです。

単にすそわきがに臭いに対する環境を整えるのではなく、根本の原因にもアプローチするので、効果が他の脱毛方法よりも期待できます。

まとめ

 
すそわきがを気にする人にとっては、できるだけ関単に早く治したいと思ってしまいます。ですが、その場所が女性器と言うデリケートゾーンであることから、なかなか対応がとりにくいのも事実です。

それらを天秤にかけることなく、安全ですぐに効果が出せる方法として、脱毛や毛剃りは有効と言えます。

もちろん、根本的な対応ではありませんし、全くなくなるわけでもありません。テレビのボリュームを落とすように、臭いの強さを落とす役割があります。