妊娠中や出産後に、急に臭いが気になりだしたという話を良くききます。そもそも、妊娠中は、臭いに敏感になるといわれていますから、自分の匂いも周りの人の匂いも気になってしまうのですね。

そんな中でも、特に女性器が臭くなってしまったとショックを受ける人がいます。

でも大丈夫、ちゃんと理由もあるし、改善されます。

妊娠中のホルモンバランスがすそわきがを引き起こす

妊娠している最中には、すそわきがの臭いがひどくなってしまう場合があります。でもそれにはちゃんと理由があるんです。

それは、ホルモンバランスの乱れです。妊娠中は通常の体とは違います。当然のことながらホルモンバランスも乱れに乱れています。

一方すそわきがは、男性を魅了するフェロモンの役割をしていたと言われているのですから、ホルモンと大きなかかわりがあります。そのバランスが崩れるわけですから、臭いも強くなる等の変化が起きるのです。

さらに妊娠中は、アポクリン汗腺の働きか活発化します。アポクリン汗腺から出る汗がすそわきがの臭いの元ですから、この汗腺が活発になると、臭いもきつくなってきます。

その上、妊娠中は、膣からの分泌液も多くなります。そのため、すそわきがの臭いに、分泌液の臭いが加わって、さらに刺激の強い臭いになります。

でもこれらは、妊娠中だから起きる現象です。ですから、大丈夫なのです。出産して、次第に体が元の状態にもどり、ホルモンバランスなどが安定してくると、自然に臭いも薄くなってきます。

赤ちゃんのことで手いっぱいでいつの間にか忘れてしまっているというケースも少なくないですけどね。

旦那が気にする前に対処したい

ホルモンバランスが落ち着いてくれば、次第に臭いが薄くなりますよ、なんて、楽天的にのんびりと構えていられる人は別にして、やっぱり臭いはどうにかしたいですね。

かといって、手術をするようなことはできません。赤ちゃんのこともあるし、手軽に臭いをおさえたいというのが本音です。

妊娠中は、出産後に、すそわきが対策をするのであれば、デオドラントがおすすめです。そう脇の臭い対策に使うあのデオドラントです。

デオドラント製品は塗るだけですから、簡単に臭いを押さえることができます。体内になにかを入れるわけではないので、妊娠中でであってもお腹の中の赤ちゃんに影響が及ぶことがありません。

とはいえ、体自体が敏感になっている時期ですから、どのデオドラント製品を選ぶかは、慎重に選んだ方がいいですね。

妊娠中に使うデオドラント製品の選び方

以前はもんもんと悩んでいたすそわきがも最近では、積極的に対応しようという動きがでてきました。それにあわせて、気軽に対処できるデオドラント製品も増えています。

多くは、すそわきが専用というより、わきがにもすそわきがにも使えるというデオドラント製品になります。

妊娠中や出産後のデリケートな時期だからこそ、刺激をできるだけ抑えるものがいいですね。

殺菌効果が高く、無添加無香料のものがおすすめです。専用のクリームやジェルであれば、自分で対応できますので、悩んでいるよりトライしてみましょう。

専用のクリームやジェルは、単に臭いをなくすだけでなく、臭いを抑える時間を持続させることができます。

すそわきが専用のクリームもあります。しっかりと臭いを抑えてくれるだけでなく、デリケートゾーンだからこそ、刺激の少ないクリームやジェルになっています。

まとめ

特に妊娠中や出産後はホルモンバランスをはじめ精神的にもバランスを取りにくい時期です。その上、デリケートゾーンの臭いは、なかなか人に相談できません。

日々の生活の中で、汗をこまめに拭いたり、ウォシュレットを使って常に洗うようにしたり、専用のデオドラント製品を使うなど、ちょっとしたことを継続して行うことで改善されるすそわきがです。

出産後生活が安定してくると、体のバランスも安定してきて、いつのまにか改善されてしまうことも少なくないこの時期のすそわきがです。

悩めば悩むほど、育児中には負担がかかってしまいます。すそわきが以外にもたくさん悩まなければならないことがあるのですから、すそわきがのことはもっと気楽な気持ちで臨みましょう。

特に妊娠中は自分自身が臭いに敏感になっていますので、そのことを考え合わせると、あながち楽天的な考え方も悪くないのかもしれませんよ。普段のちょっとした対策で、臭いと気持ちよくお別れしましょう。