すそわきがかもしれない。そう思ってしまうと、いてもたってもいられなくなります。どうにか予防できないものか、あるいは、臭いを減らせないかなどいろいろかんがえてしまいますね。

すそわきがもワキガと同じですから、ワキガ対策のクリームなどで予防することが可能です。

ここで問題がひとつ。それは、すそわきがは、デリケートな部分であるため、一般的な汗の臭いを予防する製品や、ワキ用のわきがクリームでは、刺激が強すぎる場合があることです。

すそわきが自体は、陰部がムレて発生することもあり、臭いだけを取り上げるとかなり強烈なので、消臭効果がかなり高いものにしたいのですが、デリケートな場所という条件からそうもいかないというのが悩ましいですね。

肌に優しくて、消臭効果の高いクリームをどのようにして選べばいいのか、その種類と一緒にご紹介します。

すそわきがに使えるタイプは2タイプ

臭いに対するクリームは、大きく分けると塗り方によって2種類のタイプがあります。直に塗る直塗りタイプと自分の指を使って塗る指塗タイプです。この2つのタイプはそれぞれに特徴があります。

最初に紹介するのは、直塗りタイプです。市販製品でよく見るのがこのタイプです。直接臭いが気になる部分に塗り込む形になります。容器から直接塗るので、手が汚れることがなく、気軽に使うことができるのがいいですね。

直塗りタイプには、さらに2種類のタイプがあります。ロールオンタイプとスティックタイプです。

ロールオンタイプは、塗る部分がボールのようになっていて、くるくる回りながら容器の中の薬剤を出して塗ることができます。スティックタイプは、口紅のような形状ですね。スティック状の薬剤を直接肌に塗っていきます。

直塗りタイプは、ワキのような部分にはいいのですが、すそわきがで塗る陰部のような場所にはあまり適していません。というのも、直接容器を使って塗るので、その容器自体に菌が繁殖してしまう可能性が高いからです。

臭いを予防しているつもりで、使っているのに、逆に金を塗りまくってしまっているという結果になっているとも限らないのです。

更に、デリケートな場所に塗るので、つけすぎてべたべたしたり、渇きが遅いために、いつまでもヌルヌルしてしまうことも考えられます。

特に市販品の場合は、デリケートゾーン専用でないかぎりおすすめできません。そして、残念ながら市販品でデリケートゾーン専用品は、ほとんどありません。

では、指塗タイプならどうでしょう。こちらは、自分の指にクリームを取り出して塗るタイプなので、容器の雑菌の繁殖はありませんし、必要以上にたくさん塗ってしまうこともありません。

ただ、つけるたびに指が汚れてしまうのがめんどうですね。

このタイプにもデリケートゾーン専用、あるいは、デリケートゾーンも使えるという記載のあるものはないので、少々刺激が強いのではという心配は残ります。

肌にやさしい無香料のクリームがおすすめ

すそわきがはデリケートゾーンへのアプローチということで、クリームのタイプは別にして、大切なのは、刺激が少ない商品を選ぶということです。

刺激が少ない製品という意味では、無香料がおすすめです。すそわきがは、独特の臭いがするので、その匂いを消すために強い香りのものを選びがちですが、逆に、臭いが強いとその匂いとすそわきがの臭いが混ざってしまって、悪臭となる可能性が高くなります。

昔のヨーロッパで、臭いをごまかすために香水が発達したという話は、有名ですが、これは、今やありえないことなのです。

香りでごまかせばどうにかなるものではありませんし、逆に臭いが広がって、余計目立ってしまうことなりかねません。

ですから、使うのであれば、やっぱり無香料がおすすめなのです。

すそわきが専用クリームちゃんとあります

すそわきがの臭い対策としてのクリームは、市販されているものではほとんど見つけることができません。でも、実際には、この世の中に存在しています。

もちろん、病院にいって治療をすれば、処方箋で買うことができるクリームはあります。ですが、もっと手軽にと思いますよね。

すそわきが専用クリームは、通販で買うことができます。店頭にない理由は、ずばり、価格の問題です。すそわきが専用のクリームは、高級クリームと言っても過言ではないお値段がします。

デリケートゾーン専につけるものですから、肌にやさしく、ムレで強くなりがちな陰部の臭いをしっかりと抑えてくれる消臭力が必要です。この2つの条件を満たすには、研究に研究を重ねる必要があり、その結果高額になったわけです。

成分や使用感、消臭効果にこだわって、男性であれ女性であれ使えるわきがクリームが開発されました。

まとめ

消臭クリームと一言でいっても、すそわきがに使えるとなるといろいろな条件が出てきます。リスクを伴うことを覚悟で、市販のものを使うにせよ、少々お高くても刺激のないみのを使うにせよ、本来の予防法である、清潔にしてから使うことを心がけてくださいね。