ほとんど女性が多いと言われているすそわきがですが、実は男性であっても女性であっても、すそわきがになる可能性はあります。

ただ、女性の場合は、男性に比べて、少しだけ清潔感を気にする分、臭いが気になると言うだけです。

また、陰部の構造上の問題や生理などの関係から、女性の方が、臭いに敏感になっていますし、対処の仕方も変わります。

男性であっても女性であっても、まずは、すそわきがかどうかをセルフチェックしてみませんか。

たとえわかったとしても、すそわきがを人には相談できないし。などと、言っていないで。わかれば対処の方法もありますし、臭いも低減することもできます。

まずは、セルフチェックが最初の一歩です。

男性も女性もセルフチェックで自分を知ろう

自分がすそわきがかどうかが分からないと、もしかしてと考えてしまい不安になってきます。人とくらべることができないすそわきがならではの悩みです。

そんな方のために、自分でできるチェックポイントをご紹介します。これは、女性も男性も共通して確認できる内容です。

まず、下着に黄色い汗じみを見てみます。スソワキガの原因であるアポクリン汗腺から出る汗は少し濁った黄色をしています。そのためこの汗が原因で、下着に黄色い汗じみができます。

この黄色がかったシミが、下着に多い方は、陰部のまわりにアポクリン汗腺が多いことになり、すそわきがになりやすいということになります。

次に、親族にワキガの人がいるかどうかを確認します。ワキガは、決して病気ではありません。ですが、優性遺伝なのです。そのため、親族にワキガの人がいれば、かなり高い確率で、ワキガになる可能性が高くなります。

別の観点から見る方法として、陰毛の濃さをチェックします。人と比べにくいのでなかなかに判断がむずがしいですが、陰毛が濃い方もすそわきがの可能性が高いのです。

チェックするのは、毛がたくさん生えているか、生えている毛が太いか、1つの毛穴から2本の毛が生えているかと言ったことです。その場合は、皮脂腺が発達していて、アポクリン汗腺が多い可能性が高いですね。

わかりやすいチェック方法として耳垢チェックがあります。耳垢が湿っているかどうかを確認します。耳には、アポクリン汗腺が多く存在しています。ですので、耳垢には、汗の影響がでやすいのです。すそわきがの人は、軟耳垢と呼ばれる耳垢が湿った状態になっているひとが多く、ワキガの98%が軟耳垢といわれ、逆に軟耳垢の80%ほどワキガだと言われています。

自分はすそわきがかもと思ったら、ちょっと耳垢を調べてみましょう。

思い切ってパートナーにチェックしてもらおう

ここまでは、自分でチェックできるポイントでしたが、この段階で心配でしたら、恋人や夫、妻等、パートナーにチェックをしてもらいましょう。

臭いがするかを聞くのです。少々抵抗はあるとは思いますが、体臭に関することはいくらパートナーと言えども、言いにくいですね。だからこそ、自分から聞いてみましょう。

ストレートに、陰部の臭いが気になるかを聞きづらいというかたは、おへそや乳首のあたりはらいかがですか。

アポクリン汗腺が多い場所として意外なのが、乳首やおへその周りです。ワキガのような臭いが乳首やおへその周りでした場合は、すそわきがを疑います。

男性、女性特有のチェックポイント

女性の場合は、トイレに行くたびに、陰部を清潔に保つため、実際に下着が黄ばんでいた場合は、すそわきをそのまま疑いますが、男性の場合は、まず、下着が黄ばんでいたからといって、すぐに疑わず、まずは、性器部をきれいにしてそれでも黄ばんでくるようだったらすそわきがを疑うようになります。

また、女性の場合は、わきの下、乳輪まわり、陰毛発生部に臭いを感じることが多くみられ、男性の場合は胸毛や腹部の発毛部から臭いを感じることもあります。

男性と女性の違いは、アポクロン汗腺の位置というよりも、その部分の体毛や蒸れの状態などによります。

女性の場合は、生理によって、より臭いがきつくなる場合があります。その時にこのセルフチェックをすることで、気にしなければならないすそわきがの臭いなのか、臭いに敏感になっている時期なのかを確認でき、心配が少し減少しますね。

まとめ

女性の方が多いと言われているすそわきがですが、実際には生理的な理由から、臭いが気になっている場合も少なくありません。一人で悩むくらいであれば、セルフチェックをしたり、パートナーに相談して見ましょう。

男性の場合も単なる体臭と高をくくっているわけにはいきません。男性のすそわきがの臭いは、女性にとっても耐え難いものです。

お互いがいいパートナーであるためにも、早めのチェック、早めの対処で、すそわきがにふりまわされることのないように気をつけましょう。