すそわきがを直す方法は、臭いの原因である汗を出すアポクリン汗腺を手術でとりのぞくしかありません。つまり、原因を根本からなくすと言うことです。

ですが、病気ではないので、そこまでしなくても、気にならないように臭いを抑えるだけでもよいのではと思いませんか。

しかも、簡単に言っていますが、デリケートゾーンのアポクリン汗腺を取り除く手術は、簡単な術とは言えないのです。

生活習慣の中で臭いを抑えることですそわきがは対策できます。その対策で効果が期待できる石鹸での洗うことについてご紹介しましょう。

石鹸での洗浄は簡単で効果が高い

陰部には、善玉菌と悪玉菌の2つの常在菌があります。そのうちの悪玉菌がすそわきがの臭いの原因です。悪玉菌は、アンモニアやインドール、低級脂肪酸といった悪臭を発生させてしまいます。

陰部で悪玉菌が活性化した状態になるとすそわきがの臭いが強くなります。これは、たくさんの細菌が繁殖しやすくなっている状態だからです。

そこで、悪玉菌を抑え善玉菌が繁殖しやすい環境にしてあげることで臭いを抑えることができます。

ここで注目するのは、悪玉菌などの細菌がどのような環境を好むかですが、それはすでにはっきりとわかっています。

答えは、アルカリ性です。ということは、弱酸性の環境にすれば、悪玉菌は減り善玉菌が幅をきかせることになり、臭いが抑えられます。

悪玉菌が減って善玉菌が増える石鹸

悪玉菌がアルカリ性の環境を好み、善玉菌が弱酸性の環境を好むのであれば、必然的に使う石鹸は、弱酸性になりますね。お肌も弱酸性なのを考えると、肌にわるいわけがありません。

弱酸性の石鹸を使えば、悪玉菌が減って善玉菌が増えるので、臭いを抑えることができます。

特にすそわきがの場合は、デリケートなゾーンに対しての洗浄になるので、刺激の少ない石鹸を選ぶようにします。

では、どういったものが低刺激かといえば、目安として天然成分が配合されたものがいいですね。また、やさしく丁寧に洗いたいので、しっかりと泡つものを選ぶようにします。

デリケートゾーン専用に売られている低刺激のものがありますので、そういった石鹸がおすすめです。

でも高いよね。という声が聞こえてきそうですね。確かに、デリケート用石鹸で高級なものもあります。ですが、コストパフォーマンスが良い石鹸もあります。ですので、普段体を洗っている石鹸ではなく、低刺激石鹸を是非つかってみてください。

すそわきがを気にしている人は、常にアポクリン汗腺から汗が分泌されている場合が多く、陰部の悪玉菌が活性化してしまう環境ができやすくなっています。その結果、臭いが強くなります。

陰部を清潔にすることで悪玉菌が減るだけでなく、実は、良いニオイを出すと言われている善玉菌を活性化させることなります。良い香りがするとまではいかないまでも、いやな臭いを感じなくなるのはうれしいですね。

効果的な洗い方のポイント

陰部を清潔にするために、力強くゴシゴシ洗ってしまうと皮膚が炎症を起こす可能性があり、お勧めできません。特にナイロンタオルなどで、ゴシゴシをしてしまうと、もともと少ない善玉菌まで、なくなってしまいます。

ボディソープではなく、石鹸を使う大きな理由が、泡立ちです。石鹸はしっかりと手のひらで泡立てることができます。

泡立てた石鹸を陰部全体につけ、指の腹を使って丁寧に洗っていきます。前から後ろに洗っていきます。

陰部はでこぼこしているので、丁寧に会わらなければ、汚れがたまったままになります。特にヒダは汚れがたまりやすい部分ですので丁寧に洗います。

最後に石鹸が残らないようにしっかりとすすぎます。

すそわきがを気にするのであれば、陰部の周りだけでなく膣内も気になってしまいますね。しっかりと洗うことは大事なのですが、膣内を洗うのは避けてください。膣の中は洗わなくても、バイキンが入ってこないような仕組みになっています。

とはいえ、生理中やオリモノが多い時などはどうしても気になります。その時には、軽く洗う程度にします。

石けんの泡立てが手だけだとしにくい場合は、泡立てネットを活用するとよいですね。顔と同様に泡で洗う感覚で陰部を洗うと、しっかりと洗えて、刺激が少なくてすみます。

まとめ

いかがでしょう。いや、面倒だなあなどと思わないでくださいね。日々のお手入れとしてこれだけで臭いが全く違ってきます。

体を清潔にすると同時に、臭いがなくなるのですから、毎日のバスタイムが数分長くなってしまうことくらいなんでもないと思いませんか。