あなたの周りにもいませんか?明らかにワキガなのに自分自身ではにおいに気づいていない人。

その人に悪気があるというわけではないのでしょうけども…。やはり少しくらいは自分のニオイを気にして動いてほしいものです。

ですがそんなことは私たち自身にも言えること。もしかしたら知らず知らずのうちにニオイを振りまいている可能性だって大いにあるのです。

そこで今回はなぜニオイに自覚症状がないのか、どうすれば自分のニオイを確認することができるのかを紹介していきます。

ニオイに気づかない最大の原因は「慣れ」

人間は慣れたニオイに鈍感

人間というのは、自分が慣れたニオイには非常に鈍感です。例えば普段生活している自分の部屋のニオイは全く気にならないのに、他人の部屋のにおいはすごく気になるということは多いですよね。

同じように普段から自分のニオイに慣れてしまっているという人は、自分がワキガであることに気が付かない場合も少なくないそうなのです。

もともとワキガは急に発生するものではなく、体の成長とともに徐々に出てくるものです。最初は周囲の人もほとんど気が付くようなニオイじゃなくても、いつの間にかはっきりとわかるニオイになっていくのです。

具体的には思春期頃(小学生~中学生ごろ)からアポクリン腺が発達していき、高校生くらいになると大人と同じくらいのアポクリン腺にまで大きくなるんだとか。

逆に敏感過ぎるのもNG

ちなみに少し話は変わりますが、逆にニオイに敏感過ぎる人もいて、ワキガではないのに自分がワキガだと錯覚しているという人もいるそうです。

いわゆる「自己臭症」といわれ、カウンセリングを受けて大丈夫だといっているのに、さらに心配になってしまうことも…。

これが厄介なのは、実際にはワキガではないので、クリニックでも治療のしようがないのですね。

でもそんな人でも大丈夫!今回は自分のニオイに気づくため方法を紹介します。

気になったら自分でチェック

まず最も手っ取り早い方法としては、親に聞くことですね。ワキガは遺伝するものなので、もし親子でワキガなら、あなたのニオイについても親身に考えてくれるでしょう。

友人には相談しにくくても、親なら同じ悩みを持っていた時期もあるかもしれませんしね。言いにくいことかもしれませんが、真剣に悩んでいる子どもにたいしてウソをつくなんてことはしないはず。

それ以外のワキガチェックとしては、自分の服のニオイです。特に入浴前や睡眠後の衣類にはあなたのニオイがびっしりと移っています。

特にワキはもちろんのこと、背中や襟首のあたりにはニオイが映りやすいので、そこを重点的にチェックすることをお勧めします。

ほんのちょっと来ていただけなのにニオイが移っているという人は要注意ですね。ただこれだと普通の体臭なのかワキガなのかはわかりません。

そこでワキガのセルフチェックをまとめてみました。

耳垢が湿っている

ワキガの原因となるアポクリン腺は、実は耳の中にも多く存在しています。耳垢が湿っているということは耳のアポクリン腺から汗が分泌されているということです。

両親のどちらかがワキガ

先ほど説明した通り、ワキガは親から子へ遺伝します。しかも優性遺伝なので両親がともにワキガなら80%、どちらかがワキガなら50%の確率で遺伝します。

汗をかくとシャツの下に黄色いしみがつく

アポクリン腺からの汗にはリポフスチンという色素を多く含んでいます。しかもこの成分はワキガの程度が強くなるほど濃度が濃くなるので、シャツが黄ばんでいる人は要注意です。

また他にも粘り気のある成分が多く、しつこい汚れになってしまうので、こまめにクリーニングをするようにしましょう。

わき毛や乳首、股間などデリケートな部分の毛が多い

毛が多い人はアポクリン腺の数も多いといわれています。重要なのは濃さよりも本数の多さであることに注意してください。

ちなみに今のところ「体毛が濃い=アポクリン腺の働きが活発」という因果関係は認められていないそうです。

といった感じでしょうか。それぞれの理由は別の記事にまとめてありますのでそちらをご参照ください。

今からでもできるワキガの対策

ではセルフチェックの方法を確認した後は、実際の対策方法へと移っていきましょう。まずは食生活の改善から紹介していきます。

食生活を見直す

まず肉や油ものは控えていくのがベターです。

体内に摂取された油は、栄養として利用される分はいいのですが、余分にとりすぎた分は体内の中で酸化してしまいニオイの原因となってしまいます。

その分ビタミンAやビタミンCを多く含む緑黄色野菜や、ビタミンEを含むアーモンドなどを摂取していきたいですね。

汗をしっかりとかく

また習慣的に汗をかくようにしないと、体内で汗が溜まり濃度が高くなってしまいます。

濃度の高い汗は当然ニオイ成分も多くなり、またベタベタとしているので自分自身も不快な感覚になってしまうことも。

なのでこまめな運動をするのもおすすめなのですが、どうしてもそういった時間が取れないという方も多いですよね。

そういった方には半身浴をお勧めします。理想は40度くらいの温度で、みぞおち当たりまで張ったお湯に20分。ゆっくりと時間をかけてたっぷりと汗をかきましょう。

音楽や読書をしながら半身浴をするのもいいですね。とにかくリラックスした状態で汗をかくのが体にとっては大切です。

といった感じでしょうか。食生活やこまめな運動などは、どうしても生活の都合上時間や余裕が取れないということも多かったりします。

でも半身浴なら簡単にできますし、とにかくリラックスして汗をかくのが目的なので好みによってはもっとお湯の温度を上げたり、もっと時間を長くとったりしてもOKです。

あくまで半身浴で最も効果的なのが「みぞおちまでのぬるめのお湯に20分」なのであって、絶対にこの方法でないと効果がないということではありません。

むしろそういったことにとらわれず、自分が1番楽にできる方法で行っていたらければと思います。大事なのは継続して行うことですから。