すそわきがは、陰部や性器回りから発生するワキガと同じような臭いがするものです。その対策として、脱毛という方法があります。

実は、この脱毛自体は、すそわきがを完治させるものではありません。すそわきがの原因は、アポクリン汗腺から発生する汗と、その周りの雑菌がまざったために発生する臭いだからです。

臭いを和らげる方法としては、アポクリン汗腺から汗が出ないようにするか、その周りの雑菌を減らし汗と混ざらないようにするか、この2つが有効なようです。

ここでは、雑菌にスポットを当てて、すそわきがの臭いを抑えるための方法を考えてみましょう。

陰部からの臭いがすべてすそわきがではありません

陰部からニオイがすると、すぐにすそわきがだと結び付けてしまいがちですが、決してそういうわけではありません。まずは、すそわきがかどうかを見極める必要があります。

男性の場合と女性の場合で異なりますので、それぞれについて考えてみましょう。

男性場合は、陰部付近からの臭いのもとの多くは、尿や精液、性器の分泌線から分泌された体液などが関係しています。これらが固まったものが臭いの原因になります。これを恥垢と呼んでいます。

女性の場合は、膣からの分泌物やおりもの、生理のニオイが混ざり合って、強烈な臭いになることがあります。また、特に妊娠時には、臭いに対して敏感になることと、臭いが発生しやすいことから、すそわきがと同じような特有の臭いが発生することがあります。

男性にも女性にもいえることは、性器や陰部は、皮脂腺が発達している部分でもあり、皮脂腺から分泌された皮脂が原因の場合も少なくありません。

さらに、下着が蒸れて雑菌が繁殖しやすい環境に加え、陰毛が生えているのでニオイが毛に吸収されて臭いが分散されてしまうことも考えられます。

脱毛するとすそわきがの対策になる?

このように陰毛自体が臭いの原因ではありませんが、臭いを発生させたり、強くなったり、分散されたりする環境を作り出してしまいます。

陰毛は陰部の周りを覆っているものなので、分泌物がたくさんついていますし、つきやすい環境となっています。そのため、目には見えなくてもものすごく汚れています。そうなると、座菌が繁殖しやすい環境が作られることになります。

トイレのたびにきちんとトイレットペーパーで拭いているとしても、実際には、陰毛が密集していますし、根元部分にまで届かなかったり、絡み合っているために汚れを取りづらくなっていたりいます。

手がよごれたときに、指一本一本を丁寧に拭くように、毛を丁寧にかき分けてウエットティッシュなどで拭き取らなければならないのですが、そんなことを毎回やるひとはいませんね。

そこで手っ取り早いのが脱毛ということになります。

陰毛ってなくてもだいじょうぶなのかな。なぜ生えてくるのだろう。

体の中で不要なものはありません。例えば、割とすぐに抜いてしまう親知らずであっても、必要だから生えてくるのです。これは、陰毛も同じです。

ですが、それは昔のこと。陰毛は、性器やその周りの部分を守るために這えてきます。ですが、今では私達は、毎日きちんと下着を着けるので、下着がガードの役目をしてくれています。ですから、陰毛で守る必要がありません。

逆に、陰毛は陰部の風通しを悪くしていますので、不衛生な状態になってしまうだけでなく、蒸れた環境を作ってしまいます。

陰毛が臭いの原因ではないので、脱毛をしたからといって直るわけではありません。ですが、陰部の環境がよくなり、衛生的な環境になりますので、臭い低減されることになります。

これだけでも、脱毛する理由にはなりますね。

ただ、やっぱり、陰毛がなくなってしまうことに抵抗を感じる人もいることでしょう。そういう場合は、他の方法を考えたり、少し量を減らしたりすればいいのです。つるっつるにする必要はありません。

陰毛の処理の仕方のおすすめは?

自分でやる場合に一番簡単なのは、ハサミでチョキチョキときって、風通しを良くする方法ですね。ですが、ハサミの切り口は、チクチクして、きもちのよいものではありません。

カミソリや脱毛クリームなどで行うという方法もあります。この場合は、肌に負担がかかるので、デリケートゾーンに行うのは、おすすめできません。毛抜きはもってのほかですね。刺激が強いことは極力やらないようにしましょう。

セルフ処理ができないとなると、脱毛エステ頼みになります。エステやクリニックでは、VIO脱毛のメニューがありますので、きれいにやってくれます。サロンによっては、つるっつるではなく、減らすというやり方をしてくれるところもあります。

どのようにしたいかをじっくり相談してからスタートしましょう。お財布に響きますが、きれいで肌にやさしい脱毛方法を取ってくれます。